歯を補う場合、入れ歯やインプラントなどの方法があります。メリットとデメリットを考慮したうえで選びましょう。また、歯並びが悪い場合、目立たない器具での矯正も可能ですので、将来的な歯の健康を守りたいなら考えてみてはいかがでしょうか。

歯医者で歯を削るブリッジは歯の寿命も削る

歯医者の診察台

虫歯や歯周病などが原因で歯が抜けてしまったとき、そのままにしておくと歯と歯の間が大きく開いてしまったりかみ合わせが悪くなってしまったりといろいろな弊害が出てきてしまいます。
特に歯が抜けたままにしておくとうまくかむことができなくなってしまうので、胃や腸などの消化器官への負担も大きくなってしまって、思わぬ病気の原因になってしまうことも考えられます。

そこで抜けてしまった歯をフォローすることができる治療をしていくわけですが、治療費が比較的安価で健康保険も適用される治療方法がブリッジです。
ブリッジの治療方法は、抜けてしまった歯の左右の歯を削って数本分の被せ物をしていくというやり方です。
ブリッジのメリットは保険適用で治療することができるので、治療費を安くすることができるということです。
そして抜けた歯の隙間を埋めることができるので、違和感をなくしてしっかりとかむことができるようになれるのもメリットです。
保険適用の素材のほかにも自由診療のブリッジもありますので、強度の高い素材でブリッジを作ることもできるので歯の寿命を延ばすこともできます。

一方でブリッジの治療を行う場合は、虫歯になっていない健康な歯を削る必要があるので、将来歯の寿命を短くしてしまう可能性もあることがデメリットになります。
どうしても向けた歯の左右を削る必要があるので、健康な歯の強度を劣化させてしまうことになります。
ブリッジは被せ物治療になるので定期的に口内の掃除などのメンテナンスをしなければ、健康だった歯が虫歯などになりやすくなってしまいます。
ブリッジの治療は、数本分の被せ物をすることでかみ合わせをよくすることができます。
入れ歯と違って取り外しができないので慣れてくれば違和感なく自分の歯と同じように使うことができるのもメリットといえます。

永久歯は一度抜けてしまうと取り戻すことができません。
歯が抜けてしまった状態が続くと、場所によっては人相が変わってきてしまったり、だんだんと残った歯が隙間を埋めようと動いてしまう可能性があります。
歯と歯の間が大きく開いてしまったり、かみ合わせが悪くなってしまうなどいくつものデメリットが出てきてしまいます。
日頃から歯を失ってしまう原因である虫歯や歯周病にならないようにケアしてあげることが重要になりますが、もしも抜けてしまったら早めに歯医者でブリッジ治療など失った歯の代わりになる治療を行いましょう。