歯を補う場合、入れ歯やインプラントなどの方法があります。メリットとデメリットを考慮したうえで選びましょう。また、歯並びが悪い場合、目立たない器具での矯正も可能ですので、将来的な歯の健康を守りたいなら考えてみてはいかがでしょうか。

クリアアライナーとインビザラインは別物!違いは?

マウスピース

歯並びが悪いと審美面、機能面にとって様々なデメリットがあります。
その歯並びを矯正する専門歯科が矯正歯科ということになります。
その矯正法にもいくつかの方法があるのですが、歯列矯正というと少し前まではワイヤーなどを使用しており外からも目立つものが主流となっていました。
これに対してマウスピース矯正が日本でも2006年に導入され、見た目の違和感が少ないことで人気を得ています。

歯列矯正の方法ですが、目的がそれぞれ異なってきます。
ワイヤーを使用したものは歯を大きく動かしたり、その他歯の形状によっては回転をかけたりすることも必要になってきます。
これにはマウスピース矯正は対応できません。
マウスピース型の矯正の代表的なものにクリアアライナーとインビザラインがあります。
その共通点は歯型をとりアライナーという透明のマウスピースを作成し、そのマウスピースの変化によって歯の位置を誘導することを目指すというものです。
食事や歯磨きの時に取り外すことができ、口腔内を清潔に保つことが可能という面や審美性においてメリットがあります。
しかし一日の中で長い時間装着しておく必要があり、うっかりと外す時間が長くなると効果の出ない場合もあります。
またマウスピース矯正は比較的簡単な歯列の移動に適している矯正法です。

上記のように双方の共通点はたくさんありますが、その大きな違いは、歯の移動範囲にあります。
インビザラインは全体の歯を動かすことも可能ですが、クリアアライナーは前歯のみの矯正に使用されます。
いわゆるプチ矯正的な意味合いを持っています。
またその治療法の違いということになるとインビザラインは最初に歯型を取った時に各ステップにおけるマウスピースを全部作成しておき、段階を追って変えていくという方法になります。
一方クリアアライナーはステップ毎に歯型をとりマウスピースを作成していきます。

治療期間はやはり歯の位置を移動するという治療になるので早くて半年、一般的には2、3年が必要になるでしょう。
費用面においてはクリアアライナーで30から60万円、インビザラインは80から110万円程度が一般的なようです。
歯列矯正は特殊な場合を除いては健康保険適用外の自由診療となっており、各クリニックによって独自の料金システムをもっており、事前に情報収集も必要でしょう。
費用面においても高額な治療費が必要となり、そのためにデンタルローンを取り扱っているクリニックも多くあります。
利用希望の人はその情報も事前に調べておきましょう。
いずれにしろ事前のカウンセリングでしっかりと話を聞き、不明な点や不安を解消してから実際の治療にとりかかることが必要です。