歯を補う場合、入れ歯やインプラントなどの方法があります。メリットとデメリットを考慮したうえで選びましょう。また、歯並びが悪い場合、目立たない器具での矯正も可能ですので、将来的な歯の健康を守りたいなら考えてみてはいかがでしょうか。

アメリカとスウェーデンの歯のメンテナンス方法

外国人女性の綺麗な歯

日本の医療分野はますます発展を遂げており、歯科医療分野においても日々発展が目まぐるしい状況です。
では、海外での歯科事情はどうでしょうか。
アメリカとスウェーデンを例に比較してみましょう。

まずアメリカです。
アメリカ人と話していると、白く歯並びがきれいな人が多いことに気づくでしょう。
それは国民の歯に対する意識がそもそも高いからです。
矯正は通常中学生から行い、高校を卒業する頃には終了しているのが一般的です。
日本では矯正に踏み切るまでにも時間がかかっているのが現状です。

なぜ意識が高いのかというとアメリカの保険事情が大きく影響しています。
アメリカでは保険は個人で加入するものと捉えられおり、未加入者は医療費を全額負担しなければなりません。
日本では3,000円の治療費の場合、自己負担は900円ですみますが、アメリカでは虫歯を1本治療するだけでも10万円近くの費用がかかるといわれており大きく事情が異なります。
そのため「予防」の意識が非常に高く、最低でも1年に1度はメンテナンスのため検診を受けるとされており、矯正もその一つであるとされています。

歯をきれいに保つ意識が高いため、歯ブラシをはじめデンタルフロス・リステリン等のさまざまな関連グッズも充実しています。
家に常に用意しておくことで、虫歯やホワイトニングに意識を向け自己管理を徹底しています。

続いて、スウェーデンです。
スウェーデンはアメリカと同じく予防歯科の先進国と言われています。
その大きな要因として、国民全員が定期検診やクリーニングを義務付けられているからです。
日本では何か違和感を感じた際に治療を受けるのが一般的となっているため1か月におけるメンテナンス率はわずか5%といわれています。
しかしスウェーデンではなんと90%となっており、歯に対する健康意識が非常に高いと言えます。

アメリカと大きく異なる点が、スウェーデンでは歯科治療に関しては19歳まで矯正も含めて無料となっており、20歳以上になっても治療費はかかってしまうが、保険で大部分を賄える点です。
こうして比較してみると、日本と海外での歯科事情が大きく異なるのがわかります。
しかしアメリカもスウェーデンも難しい努力はしておらず、日本においても意識次第で十分変わることができます。
比較的費用も安く、治療におけるクリーニングも保険の適用内でもあるため、私たちも見習って検診・クリーニングを定期的に行い綺麗な歯を保ちましょう。